お宅訪問

人生を彩るテラス(木田邸・後編)

大阪府

【後】IMG_0796

 

屋上や室内の演出やおもてなしを楽しむ木田さんご夫婦。

 

これからもっと暮らしを楽しむために、もっと同じプラスワンリビングハウスやプラスワンリビングを持つ人とつながりたい、情報交換をしたい、と考えている奥さま。

 

すでに、インスタグラムを使って情報交換をすでに始めているのだとか。

 

オーナーのみなさんの屋上ライフをサポートしたい私たちにも、
たくさんの屋上の活用のアイデアをいただきました。

 

<屋上に欲しいもの>
・おしゃれな物置

・折りたたみの一度にたくさん運べるお盆

・流星群などの天文ショーの情報

 

<子どもの遊び>

・屋上で書き初め

・しゃぼん玉

・お外でクッキング→ピクニックごっこ

・家族のすもう大会

 

<実際のノート>

 

__ 1 __ 1 (2)

 

そして、最後にご紹介したいのが、
奥さまのお話の中で一番印象的だった「屋上は人生の節目のシーンにぴったり」という言葉。

 

お子さんの遊び場やハロウィーンパーティだけでなく、
お友だちの誕生日などのお祝いがあればサプライズパーティを企画したり、
同級生のお友だちと「キャンドルナイト」で語りあったり。

 

そんな、屋上活用のプロフェッショナルな奥さまは、
ご家族の還暦やお子さんの成長を祝うような節目のシーンを屋上でやってみては?
というアイデアも教えていただきました。

 

結婚式を上げていない親戚のウェディングパーティを、
室内から屋上までフル活用して実現するアイデアも。

 

屋上、という少し非日常な屋外空間があることで、
自宅で生まれる思い出の幅が広がっていくのはすごくすてきなことですね。
これからも、目からウロコな活用法や体験談をお聞かせ下さい!

奥さまの思い出のシーン【屋上でのキャンドルナイト!】
「15歳からの仲間。30歳過ぎてから話す内容も変わってみんなで号泣…屋上ならではの開放感からなのか、お互いの抱えてたものが解き放たれ空を見上げて前を向けた素敵な夜でした☆」

屋上はリフレッシュの場としても活躍。将来、子どもたちが反抗期になっても、同じように屋上でガス抜きをしてくれれば、と奥さま。

室内の演出にも、そこここにこだわりが感じられる木田邸。同じプラスワンリビングハウスに住む仲間との情報交換や、innovationから提案にも大きな期待が。

木田さんファミリー
とっても仲よしな、昔はラガーマンだったという耕司さんと奥さまの千佳さん、そして長男の脩太郎くん(5才)と弟の享志郎くん(2才)。年齢は取材当時。
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • PLUS ONE LIVING
  • +1リビングハウス