ライフスタイル

秋の思い出をクラフトに~アロマワックスバー~

アロマワックスバー完成5

 

朝晩が冷えこんで、ゆっくりと秋から冬へと季節の変化を感じる今日このごろ。

外から帰ってきたお子さんのポケットからは、どんぐりや松ぼっくりなど秋の木の実が・・・

 

そんな秋の思い出と、お好みの香りやドライフラワーを閉じ込めた「アロマワックスバー」を手作りしてみませんか?部屋に飾ったり、プレゼントにするのもおすすめです。

 

使うアロマオイルは、風邪の予防にもなるティーツリーやユーカリ。気分をすっきりさせたいときは、自律神経を整えてくれるローズマリーがオススメです。

週末のお出かけで拾ってきた、木の枝や赤い実を使ってもかわいいですね。

 

<「アロマワックスバー」づくり>

溶かした蜜蝋にアロマオイルを加えて、木の実やドライフラワー、ホールのスパイスなどを固めるだけの簡単なクラフトです。お子さまと「何を入れよう?」とお話しながら楽しんでみて下さい。

 

用意するもの

アロマワックスバー材料
 
蜜蝋(精製):作りたい型の高さ1.5cm分

アロマオイル:お好きな香り

型:お菓子作りの型、ブリキの小物入れ等

*取り出しが必要な時は型に油を薄く塗る

飾り:木の実、ドライフラワー、ミックス粒胡椒、シナモンなど

湯せん用の鍋、使い捨てアルミ容器

 

作り方

つくり方その2
 
①作りたい型にオイルを薄く塗り、飾りをデザインし配置する。

*型のまま使う場合はオイルは必要ありせん。

②使い捨てアルミ容器に蜜蝋を入れて鍋に2cmくらい水を入れ、湯煎にかけて溶かす。
(アルミ容器に水が入らない様に注意)

③完全に溶けたらアロマオイルを10滴くらい入れる
 
つくり方その1
 
④やけどしない様に軍手などをしてアルミ容器を取り出し材料を配置した型の隙間から、型の底から高さ1cm位の厚みになる様に流し入れる

⑤少し白く固まりかけたら、壁掛けリボンの穴用にストローを挿しておく。

⑥1時間程冷めるのを待ってしっかり固まったら型から取り出す。

⑦リボンを通して完成です!
 
アロマワックスバー完成1
 
Point:

・アロマオイルは多めの方が香りが長持ちします。

・蜜蝋を溶かす時、型に入れる時にやけどをしない様気をつけてください。

・道具は蜜蝋を入れた後洗えません。後片付けが楽な様に湯せんの時は使い捨てのアルミ容器、型取りの時は100円の物など使い捨ての物がオススメです。
 
 

Editor_Kiyoko Takanashi

 
 
~「#空色生活」写真募集中!~

POLzineのコンテンツにチャレンジしたり空の下で楽しむ写真を撮影したら、ハッシュタグ「#空色生活」でインスタグラムへの投稿、お待ちしております!

ブリキの入れ物に入れたまま、ディスプレイとして香りを楽しんでも。

プレゼント用 にするなら、こんなラッピングはいかがでしょうか?
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • PLUS ONE LIVING
  • +1リビングハウス