ライフスタイル

パパと一緒に週末アウトドアクッキング

吉永麻衣子さんから学ぶ、材料を5分で混ぜて20分焼くだけの簡単もちふわドデカパン

メイン

 

たまにはお料理をお休みしたい。でもパパにキッチンを任せると、びっくりするぐらい片付けが大変!という経験のある方も多いのでは?お外なら多少汚れても気にならないし、パパもアウトドア気分で進んでお料理をしてくれるはず。今回は特にキッチンが汚れそうな粉レシピをチョイス。2冊の本の著者でもある吉永麻衣子さんに世界一簡単なパン作りを学びました。
 
パン作りができちゃう男性、周りから尊敬されること間違いなしです。子どもたちも粘土遊び気分で率先して手伝ってくれるので、ぜひ一緒に楽しんでみて。
 
s-2 - Mixing the flour s-4 - Mixing the water with the flour
 
材料(1個分)
 
強力粉(できれば国産): 180g

塩:2g

インスタントドライイースト: 2g

水:150g

 

生地作り(前日に準備して8時間以上寝かせます)
 
1_密閉容器に強力粉、塩、イーストを計量しながら入れる。

(800mlの長方形の物を使用すると、生地を成形しやすいのでおすすめ。)

水は別の入れ物で計量する。

2_密閉容器の中身をスプーンで簡単に混ぜる。

3_2の密閉容器に計量した水の8割を入れて、全体をぐるぐる混ぜる。

4_粉っぽいところめがけて残りの仕込み水を加え、均一になるように混ぜる。

(1分かからない程度が目安。)

5_表面をスプーンで平らにして、密封容器の蓋を閉めて、冷蔵庫で8時間以上寝かせる。
 
s-8 - Removing the dough from the cointainer 2 s-9 - Removing the dough from the cointainer 3
 
成形
 
6_1.5倍〜2倍くらいに膨らんだら発酵終了。
 
Point:発酵が足りない場合、そのまま焼いても大丈夫ですが、膨らむまで常温でおくと、30分から2時間で膨らみます。
 
7_強力粉(分量外)を多めに振ります。生地をつぶさないように注意して、容器の4面すべての壁を触るようにカードやゴムベラを差し込みます。

8_オーブンシートの上に密封容器を逆さまにして、生地が落ちてくるのを待ちます。

9_落ちてきた生地の両端を真ん中に織り込み、三つ折りにします。
 
Point:生地を長く置いておくとシートにくっついてしまうので、すぐ三つ折りにします。
 
s-13 - Making the bread 3   s-17 - Cooking the bread 2
 
焼く
 
11_オーブンシートのままスキレット(フライパンでも可)に移し蓋をして弱火で10分焼いたら、裏返して、また蓋をしてさらに10分焼いて完成!
 
21 - Breads tableNOのコピー
 
でき上がり
 
A:ホワイトチョコとクランベリーのドデカパン

B:ごまチーズのドデカパン

C:シナモンのステックパン

D:レーズンのスティックパン

 

同じ生地を使っていろいろなアレンジを楽しめます。詳しくは吉永さんの書籍 『簡単もちふわドデカパン』『簡単もちもちスティックパン』をチェックしてみてください。

 

青空の下で食べる焼きたてのパンは、特別なおいしさですよ!
 

吉永麻衣子さんのブログ

minna cooking studio

 

 

Editer_Namiko Kotani

Photographer_Rafael

今回レシピを教えていただいた吉永麻衣子さんのレシピ本はこちらの「簡単もちもちスティックパン」と 「簡単もちふわドデカパン」。
生地に混ぜる具のバリエーションで、甘いパンやおかずパン、ハーブを使うとワインのお供にもなります。写真をみているだけでも楽しいですよ!

吉永麻衣子
1981年生まれ、兵庫県宝塚市出身。聖心女子大学卒業後、インテリジェンス入社。法人営業や新規事業の立ち上げ等を6年間経験後、退職。パン作りに興味を持ちパンの道へ。カフェのキッチンや専門学校講師、大手パン教室の立ち上げ等を経験し、パン教室をスタート。

子連れOKのスタイルと簡単でおいしいパン作りが好評。著書に「おいしいかわいいちいさいパン」マリン企画、「簡単もちもちスティックパン」新潮社、「簡単もちふわドデカパン」新潮社などがある。手作りの幸せをパンでつなぐ「おうちパンマスター」を全国で募集中!
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • PLUS ONE LIVING
  • +1リビングハウス