ライフスタイル

子育てとの両立が産んだフリーランスのお仕事~久林紘子さん~

女性が、ママがもっと働きやすい社会へ

久林紘子さん
 
今回は、ひな祭りパーティーのスタイリングを教えていただいた久林紘子さんのご紹介です。
一児の母でもある紘子さん。6つの項目にわたり、働くママとしての工夫や思いを語っていただきました。
 
1_今のお仕事の内容について教えてください

パーティースタイリストとしてフリーランスで活動しています。

自身が代表のパーティースタイリングサービスの“Tokyo Flamingo”では、ヨーロッパやファッション業界で培った独自のセンス、色彩バランス感覚を活かし、ParisとNYのUpper Eastが混ざったようなフレンチシックなテイストの中にエッジを効かせたスタイリッシュな世界観に、時にはコミカルな要素を盛り込み、お子様だけでなく大人も満足する、ワンランク上のリュクス感のあるパーティーを提案、出張スタイリングしています。
 
Birthday

お誕生日パーティーの出張スタイリングの様子

 

コーデ2

ハロウィンパーティーの出張スタイリングの様子

 

また、パーティーシーンだけでなく雑誌やCM撮影の空間・テーブルスタイリングや、企業様公式インスタグラムのディレクション・スタイリング撮影、保育園や店舗等をはじめとした空間作りの提案、コーディネートにも携わっております。オンラインショップではオリジナル商品のデザイナーを務めると同時に、パーティーグッズのワークショップやパーティーのスタイリングレッスンも定期的に開催しております。
 
 ミッドタウンMARTINI

東京ミッドタウンMARTINIスペシャルラウンジ

MATINI Holiday Lounge”の空間スタイリングのお仕事

 

Flying Tiger Copenhagen

Flying Tiger Copenhagen x 日本ホームパーティー協会インベント

“ピクニックパーティー”のパーティースタイリングのお仕事

 

2_今のお仕事を始めたきっかけ、フリーランスになった理由

ハイファッションブランドのデザイン課、PRを経験し、オートクチュールからプレタポルテまで、デザインの世界を学んできました。
出産を機に退職し、その後子育てをしながら駐在先のベルギーで大小様々なパーティーを経験。海外のテーマ性のあるパーティーデコレーションの魅力に目覚め、ヨーロッパではパーティー、ホームパーティーが日常にあることも知りました。
 
古いモノを大切にし、自然と共に生きる。その中で無理に作り込まないヨーロッパ独特の色彩・カラーセンスは小さい頃から自然と培われている事を肌で感じました。そんなヨーロッパの文化や色使い、パーティー文化を自己流で学び、自宅でも定期的にホームパーティーを開催していました。
 
コーデ3

駐在先のベルギーで開催したパーティーの様子

 

駐在先ベルギーでの娘さんの部屋

 

ベルギーやアパレル時代で培った経験・感覚を活かしながらヨーロッパ パーティー文化、色彩の豊かさを広めたいと思いました。一昨年、ベルギーから日本に拠点を移し、パーティースタイリストとしてフリーランスで活動を開始、パーティースタイリングサービス 「Tokyo Flamingo」を設立しました。
 
娘を幼稚園に通園させながらお迎えまでの短い時間内でやれることを考えた際に、たどり着いたのがフリーランスというスタイルでした。結局はお迎え後も、また夜遅くまで仕事をしておりますが、自分のライフスタイルに合わせて自分のペースで調整できるのが良かった点です。
 
仕事を始めることを決意したきっかけは「パーティースタイリスト」として活動することをまだ決めきれずにいた一時帰国中に、ちょうどファッション誌のキッズパーティーのスタイリングをお手伝いさせていただく機会を頂戴したこと。その時の経験、感じた事が決め手となり、「この仕事が好き!この世界で粉骨砕身の覚悟でやっていこう!」と決心するきっかけになりました。
 
右も左もわからないパーティースタイリング、そしてフリーランスの世界でしたが、好きという気持ちと、ママやご家族、お子様に喜んでいただきたい、という一心で、この一年半の間取り組んでまいりました。
 
パーティースタイリングにおいても「子どもたちに、小さなうちから良い色に囲まれ感性を磨き、心豊かに成長してほしい」、そして「パーティースタイリングを依頼してくださった親御さんにとっても、お子様にとっても記憶に残る、思い出深い、お誕生日会やイベントを過ごしていただきたい」という想いから「Tokyo Flamingo」では特に色彩、バランスにこだわったフレンチシックなスタイリングを意識しております。
 
Kids party

紘子さんがスタイリングしてきた子供たちのためのパーティースタイリングの数々

 

3_子育てと仕事の両立で気をつけていることは?

この春に小学一年生になる娘のママ業と仕事の両立は、やはり今も課題です。毎朝5時起きでお弁当を作り、都心の幼稚園に1時間かけてラッシュ時の電車通園、そしてお迎えまでの限られた時間内で、幼稚園近くでパソコン作業をしたりクライアントさんとの打ち合わせをしています。ですので、フットワーク軽く動き回れる時間が平日はお迎えまでの4時間半しかなく、毎日そこが真剣勝負です(笑)。また、特に週末に仕事が入る事が多いので、託児問題も依然大きな課題です。
 
やはり、仕事をしていることで、娘と向き合う時間が少なくなりワーキングマザー特有の後ろめたさも感じることも多くあります。しかし、親が申し訳なく思ったりしていると、子どもも自分が可哀想なんだ、と萎縮してしまうと思うので、働くカッコいいママの背中を見せられるように、誇りをもって仕事をしていることを伝えています。
 
仕事の写真をみせたりして 娘にわざと「どう思う〜?」「どっちが好き〜?」などと感想を求めたりして、ママがどんなお仕事をしているのかわかってもらうようにしたり、娘も一緒に参画してもらっているような気になるように、簡単な作業を手伝ってもらったりと意識して接しています。
最近では娘も「将来はパーティー屋さんになりたい。」と言ってくれるようになりました(笑)。
 
4_お仕事のパートナーや工夫について教えてください

仕事を始めて約1年半が経ち、 有難いことに仕事の幅も広がり、途中からママ2名にTokyo Flamingoメンバーとして加入してもらいました。
 
元々ママ友で家も近く、各々趣味でもあるホームパーティーに呼んでもらっていた仲で、いつしかママ友の枠を超えた信頼できる存在となりました。仕事とプライベートの両面で同じママだからこそ分かり合える細やかなサポートをしてくれています。そのような2人のサポートのお陰で、一年半で仕事の幅を広げる事ができました。子育てをしながら、しかも一人では、なし得なかったことばかりだと感謝しています。
 
皆それぞれ子どもがおり、そして他でも仕事をしていたりPTA業もある中、パーティーデコレーションアイテムのクラフト作業や事務作業、出張パーティー、撮影への同行など手伝ってもらっております。工夫としては、ほぼ毎週金曜日に家で集まり、子供たちは子供たち同士で遊び、親は美味しい手料理をいただいたり、華金飲みをしながらミーティングや作業をしています。子供第一で無理なく3人で仕事をしているので、いつも楽しい職場です(笑)。子ども同士もママの仕事時間を遊びながら待っていてくれるので、この華金作業とミーティングスタイルは本当に有難く、親子共々欠かせないものになっています。時には隣の雷オヤジになり、みんなで子供たちを育て合っている感じです(笑)。
 
5_今後取り組んでみたい仕事は?

パーティースタイリストとして活動をはじめて約一年、多くの方に支えられ、勉強させていただき、成長させていただくことができました。 今後は、 Tokyo Flamingo流のパーティースタイリング、色彩やバランス学をお伝えできる場所を時々設けられればと考えております。今ままでの経験・趣味・アイデア・トレンドをレッスンに盛り込み、パーティースタイリングのスキル取得を通して多くのママの「自信」や「社会進出」「素敵な思い出作り」に繋げられればと思っております。
 
また最近は趣味が高じてパーティーのお仕事だけでなく、企業様の公式Instagramの商品撮影のスタイリングから写真撮影までを担当させていただいております。写真撮影から商品のスタイリング、Instagramのディレクションをワンストップでご提供できるのも強みだと思っているので、パーティーという枠にとらわれずに、そういった新しいことにどんどんチャレンジしていければと思っております。

 

6_働くママ、働きたいママへのメッセージ

前職を退職してからの社会的なブランクも長く、託児の環境も整っていない状況ではじめてしまったフリーランスでの「パーティースタイリスト」のお仕事。見切り発車でもどうにかなるもので、その時その時困難にはぶつかりますが、毎回そのハードルを超え成長している自分がいます。
 
ワーキングママ歴はまだまだ浅く精進中なので参考になるようなことはお伝えできないのですが、出産直後の自分には想像もしていなかった今があり、仕事と育児の両立は大変ですがその分やり甲斐も大きく、充実しています。
 
娘がいなければ絶対にやっていなかったパーティースタイリストという仕事、そしフリーランスというスタイル。日々をこなすのに必死ですが、驚くほど多くの活躍しているママの存在を知り、そのようなママとの出会いの中で刺激やアドバイスをいただけていることが、頑張れる要素の一つになっています。悩んでいるより一歩踏み出すことの大切さ、踏み出してから悩んでどうにかなるということを身を以て体感しているので(笑)、一人でも多くのママが子育てしながら仕事の有無に関係なく自分らしいライフスタイルを確立できる社会になるように、また欧米のようにもっと女性が、ママが、働きやすい社会へと微力ながら一緒に変えていけたらいいなと思っています。
 
レクチャー

 

講演のお仕事では、たくさんの方々にパーティースタイリングをレクチャーしている紘子さん。働きたいママの働くきっかけやアイデアを提供されています。

 

久林紘子さん

Website:http://www.tokyoflamingo.com

Facebook:https://www.facebook.com/tokyoflamingoparty
Instagram:http://instagram.com/rohicocco/
 
 

Editor_Namiko Kotani

Photo_Tokyo Flamingo

セブン&アイ出版「saita」11月号の”プチプラで作る♡InstagenicなHalloweenホムパアイデア2ページ企画”パーティースタイリング、ハロウィンパーティーアイデアご紹介
http://saita.net

世界文化社「Hug Mug」Vol.18冬号
”手軽に幸せな気分になれるクリスマス演出のヒント”企画内、”プチプラ雑貨で作るテーブルコーデ” 
2ページのパーティーテーブルスタイリング、クリスマスパーティーアイデアご紹介
https://hugmug.jp

光文社「VERY」12月号 "私たちのクリスマス。"
企画内、総扉を含む4ページの空間スタイリング・小道具協力
http://veryweb.jp
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • PLUS ONE LIVING
  • +1リビングハウス