触れてみるとわかる、本物の質感。

LIFETIME-ガーデンアイテム4点セット

 

京都・西陣のセレクトショップ「LIFETIME」。オーナーの説田氏が世界中から目利きしたガーデニンググッズや衣類、暮らしの道具たちは、使い勝手はもちろん、部屋に飾りたくなるフォトジェニックなものばかり。そんなLIFETIMEさんのアイテムからスターターセットをご用意しました。

 

なかでも、Spear&Jacksonは、説田氏がこの仕事をはじめるきっかけとなったほど惚れ込んだメーカーだそうです。まずは、実際に手にとって、触れていただきたい。そんな道具たちです。

 

<ハンドスコップ|Spear&Jackson(イギリス)>
イギリスの伝統的な形のハンドツール。植え付け、植え替え、掘り起こしなど園芸作業の必需品。テコの原理で力が伝わりやすく、棒状のネックは曲がったり折れたりしにくい頑丈な構造です。錆びにくいステンレス製。全長が約30cmなので種まきの間隔を測るときなどメジャー代わりに使うのもイギリス流。

 

<ハンドフォーク|Spear&Jackson(イギリス)>
雑草を抜いたり、土をほぐして天地を返したりします。そのまま根鉢を崩して移植までこのハンドフォーク一本で作業できます。使用頻度が高い道具です。棒状のネックは曲がったり折れたりしにくい頑丈な構造で、錆びにくいステンレス製。スコップ同様、メジャーの代わりにも。

 

<木製プランツラベル20cm(5本セット)|WORKS&LABO.(日本)>
若手家具職人の協力のもと、高級家具製作に使われているナラ(ジャパニーズ・オーク)とタモ(ジャパニーズ・アッシュ)を使用。いずれも硬質で変形しにくい材質で、木肌も抜群の風合いです。

※木目や木の種類の指定はできませんのであらかじめご了承ください。

 

<SAVING SEEDS(種保存封筒)20袋入り|WORKS&LABO.(日本)>
クラフト紙でできた種保存用封筒。NAME(植物の名前)、COLLECTED DATE(収穫した日付)、SOWING TIME(撒種時期)を書きとめ、MEMOには花の色など必要事項を記録して種を保存しておくことができます。

 

■WORKS&LABO.
2008年にLIFETIMEのストアブランドしてスタート。日本の職人による伝統と技術や、選び抜かれたこだわりの素材を活かしたもの作りに取り組み、さまざまなジャンルのクリエーターと交流を深め、業界を超えて「植物のある暮らし」の魅力を提案する農園芸レーベルです。

1760年、製鋼業で有名な英国シェフィールドで創業したSpear&Jacksonの道具たち。実物を見ると、一生ものになりそうな予感がする重厚な作り。

高級家具の端材を活用した木製のラベル。厚みにばらつきがあるのも愛着につながりそうです。

日本人にとって馴染みの深いぽち袋のサイズ。デザインや素材も優れているので、メッセージカード入れにも活躍しそうです。
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • PLUS ONE LIVING
  • +1リビングハウス