ライフスタイル

夏休みに子どもと楽しむおすすめ映画

お家で「野外シアター」前編

s-13978085_1121597391219592_2035762837_o
 
夏休みも中盤に差し掛かり、学校のない日々がマンネリ化してくる頃。
気分を変えて、お家でゆっくりお子さまと一緒に映画でも見ながらくつろいでみませんか?
屋上やバルコニーのあるお家なら、
風が心地よくて過ごしやすい夕方から夜に「野外シアター」を楽しんでみましょう。
 
それでは、お子さまのシチュエーション別に夏休みに一緒に観たい映画を5本ご紹介します。
 
 
~家でダラダラしている夏休みに飽きたお子さまと一緒に~

スタンド・バイ・ミー

1987年公開(アメリカ)

 

永遠の名作です。2日間の旅で、男の子達がたくましく成長していく夏の物語。
大人は懐かしい気持ちに、子ども達にとっては冒険心をくすぐる映画です。
振り返ると切ない、子ども時代にしか経験できない夏休みの思い出をたくさん作って欲しいものですね。
 
 
~自由研究が終わらなくて、悩んでいるお子さまと一緒に~

ソウルサーファー
2011年公開(アメリカ)

 
片腕を失った実在する少女が苦難を乗り越え、再びサーフィンを再開。誰もが強い心に感銘を受けるはず。海を舞台とする思いっきり夏を感じさせてくれる映画。自由研究の完成に行き詰まった時に、自分の力で課題を解決して前に進む勇気を与えてくれるかも?!
 
 
~夏期講習やサマースクールで新しい事に挑戦しているお子さまと一緒に~
バケモノの子
2015年公開(日本)


 
細田守監督が描く人間とバケモノの世界。バケモノの世界で修行をする少年の成長の日々が描かれている。新しいことにも自分の意思で前に進む力と勇気を与えてくれるはず。
 
 
~友達と会えなくて寂しい気持ちでいるお子さまと一緒に~
サマータイムマシーンブルース
2005年公開(日本)

 
昨日と今日だけのタイムトラベル物語。笑いあり恋もありな邦画コメディー。暑い夏にクーラーのリモコンが壊れることから始まるこの映画、暑い夏だからこそ物語にの共感してのめりこめるかも。一緒に笑い飛ばして寂しさをふきとばそう!
 
 
~遊びすぎな日々、気持ちを落ち着かせて宿題に取り組んでほしい時に~
オーシャンズ
2010年公開(アメリカ)

 
海の中の生物たちをじっくり見ることができ、命の素晴らしさを感じつつ涼しい気持ちにしてくれる映画。海についての自由研究にも良いかも?!
 
 
大きなラグをひいて寝っ転がりながら映画を見たり、
映画館では味わえない開放感を味わいながら夏の夜を楽しみましょう。
 
 

Editor/Styling_Namiko Kotani

Photographer_Asako Yamazaki

 
 
~「#空色生活」写真募集中!~

POLzineのコンテンツにチャレンジしたり空の下で楽しむ写真を撮影したら、ハッシュタグ「#空色生活」でインスタグラムに投稿お待ちしております!2016年8月1日~31日はプレゼントが当たる「夏休みの思い出フォトコンテスト」も実施中です。

野外シアターの作り方
<材料>
150cm x 110cの布:手芸屋さんで1mあたり1,000円ほどで売っています。
紐:布を固定するものなので2mほどあれば十分。(設置する場所にもよります)
プロジェクター:10,000~30,000円ぐらいのもので十分です。

<作り方>
布の上両端を紐で縛って、プロジェクターの投影位置に適した場所にスクリーンが設置できる場所を探して、もう片方の紐の端をその場所(植木、洗濯物、窓のサッシ)などに縛り付けて完成。
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • PLUS ONE LIVING
  • +1リビングハウス