ライフスタイル

‘IN’に‘OUT’に大活躍のおすすめアイテム

屋上&アウトドアライフを豊かにするなら持っていたいのはこの3つ

s-Goods - Basket 3
 
おうちゴハンもピクニック気分にしてくれる、IN(おうち)でもOUT(おそと)でも活躍する、3つのおすすめアイテムをご紹介。
 
ナチュラル素材の大きめなカゴ
 
食べ物や食器をざっくり詰めて運べるので、1つは持っておきたいアイテム。とくに大きめなカゴは便利です。運ぶのに便利なだけでなく、屋上やピクニック用のアイテムをひとまとめにして、リネンをかぶせておけば素敵な見せる収納にもなります。ひとまとめにしておく事で、思い立ったらすぐにカゴを持って屋上やピクニックに遊びに行けるのでおすすめです。
 
(中央手前から時計回りに)
 
ブルナファソ製バスケット|IDEE
 
●ラタンスーツケース|スタイリスト私物
 
蓋付きピクニックバスケット|参考
 
フルーツバスケット|Rattle Wood
 
s-Goods -DishesNo
 
割れない/割れにくい食器
 
磁気、陶器やガラスは重いし、割れやすいので持ち運びには適していない素材の食器です。割れにくいからといって、アウトドアで使うためだけに食器を買うのは勿体無い!と思う方も多いはず。
そこで、持っておきたいのがいつもの食卓にも使える、琺瑯、木、ナチュラルエコな新素材の食器。
 
もっとも注目したいのがナチュラルエコな新素材。EcoSouLifeのBambooシリーズは竹の繊維、コーンスターチを主成分として作られています。耐熱温度100℃、耐冷温度-20℃。木製食器は食洗機を使えないのに対し、こちらは食洗機対応です。天然素材で、安全、安心なのはもちろん、「土に還る」という環境にも配慮したエコな食器なのです。見た目の素材感や、色もとってもスタイリッシュなので、いつもの食卓にも使えます。お値段もお手ごろなので、来客用に少し多めに常備しておくのもおすすめです。
 
A_ナチュラルエコな新素材(竹の繊維やコーンスターチ)の食器、袋に入ったピクニックセットなど|Eco SouLife
 
B_琺瑯食器右)黒マグカップ|Golca Standard Products
 
B_琺瑯食器左)マーブルマグカップ|Row Canyon Home
 
C_木のお皿|MUJI
 
s-Goods - BoardsNo
 
木のカッティングボード
 
1枚でまな板にも、大皿にもなるので便利です。大きめな木製カッティングボードに食材を並べるだけで、プロっぽいテーブルに仕上がります。パンやチーズなど、カットしてそのままで完成。お皿に移すひと手間が省けます。素材やサイズなど色々あるので、お気に入りの一枚を見つけてみて。
 
A_スタイリスト私物
 
B_ElArte delOlive

こちらは、特集「夏の週末ブランチレシピ」でも使用したもの。テーブルの主役になる一品です。
 
C_Arte Legno Cutting Board
 
D_KEVNHAUNラウンドカッティングボード

 

パンやフルーツ、おにぎりやいつものお惣菜もアウトドアの雰囲気を演出するアイテムに盛り付けるだけで、わくわくする食卓になりますよ!
 
 

Editer/Styling_Namiko Kotani

Styling_Misato Takamatsu

Photographer_Rafael

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • PLUS ONE LIVING
  • +1リビングハウス