ライフスタイル

「屋上薬箱」夏におすすめのハーブ3種

ハーブの効能を毎日の食卓に取り入れて、もっと身近に。

夏におすすめハーブ
 
自分で育てる「屋上薬箱」。今回は、夏に育てたいおすすめのハーブをご紹介します。
夏バテなど、食欲が落ちてしまうこの時期に取り入れてもらいたいのが、ローズマリー、セージ、タイムの3種類。
その「薬箱」にふさわしい効能と活用法をご紹介します。
 
 

ローズマリー

ローズマリー(写真左)は鎮静、消毒、消化など薬効が高いハーブです。血流を促して食欲不振や頭痛に効果があるので、食欲のない暑い日にぴったりなハーブです。

ローズマリーの活用法

肉や魚、野菜(得にジャガイモやカブ、カリフラワー)全てと相性の良いハーブです。ローズマリーをオリーブオイルで炒めて香りを出してから一緒にソテーしたり、肉や野菜のマリネ液に入れたりなど、火を通して作る料理に最適です。
 

セージ

セージ(写真中)は消毒殺菌作用により炎症をなおすなど、古くから万能薬として家庭に植えられてきたハーブです。冷たい飲み物で胃腸が弱りやすい夏。胃腸をケアしてくれる効果があるのでおすすめです。

セージの活用法

肉の臭み取りに適したハーブなので、どんな肉料理にも合います。刻んだセージを炒め物に加えたり、ハンバーグに加えたりなどしてみてください。野菜料理に使用する場合は、炒めるよりスープで食べるのが美味しいです。
 

タイム

タイム(写真右)は抗菌、殺菌、抗ウイルス力が高いハーブです。疲労快復だけでなく、防腐作用や殺菌効果も高いのでお弁当のお料理に取り入れてみてください。

タイムの活用法

ロースト系や煮込み系など、長時間時間をかけて火を通す料理におすすめです。特に鶏肉との相性が良いです。塩コショウで鶏肉を焼くだけでも美味しいですが、ホールのタイムを加えるだけで風味が豊かになります。
 
屋上菜園ハーブ
 
採りたての新鮮はハーブの生葉を、刻んでバターや塩に混ぜるだけで、ハーブバター、ハーブソルトに、そのままを温めたビネガーやオリーブオイルに入れる事でハーブビネガーやハーブオイルになります。作った調味料を毎日の食事に取り入れて、快適な夏をお過ごしください。
 
☆前編「屋上薬箱」ハーブ菜園をはじめようもご参考に。
 
 

photographer_Rafael Helfstein

editor_Namiko Kotani

取材協力:金澤バイオ研究所 http://www.kanazawa-bio.com

屋上いっぱいに広がるハーブの香りに心も体も癒されます。毎日の水やりを習慣にして、楽しんで育ててください。

Point : 夏の高温で水やりした水分が温まり、その水分で葉や根が蒸れて傷むのを防ぐため、日中の暑い時間帯は水やりを避け、涼しくなった朝か夕方に水やりを行いましょう。
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • PLUS ONE LIVING
  • +1リビングハウス